バスドライバーの仕事内容は?こんな人におすすめ

バスドライバーの仕事とは

バスドライバーの仕事は、路線バス、観光バス、高速バス、送迎バスの4つに分かれます。路線バスは、街中にある決められたバス停を回り、お客様を乗せる仕事です。混み合っている時間帯はバスの中で立っている人もいるので、揺れが少ない高度な運転技術が求められます。

観光バスは、決められた観光コースにお客様を連れていく仕事です。バスツアーや修学旅行の団体客を乗せることが多いでしょう。高速バスは、高速道路を走りお客様を目的地まで運ぶことです。長距離運行をする場合も多く、夜間走行をすることもあります。送迎バスは、限定されたバス停と場所の間を走行する仕事です。駅と病院やお店の間を走る送迎バスや幼稚園の送迎バスなどがあります。

バスドライバーはこんな人におすすめ

バスドライバーに向いている人は、人の役に立ちたいと思っている人や人と関わるのが好きな人です。どの種類のバスドライバーになっても、お客様との会話は不可欠です。特に路線バスのドライバーは、幅広い世代の方と話す機会が多く、地域住民との距離が近い仕事です。

観光バスのドライバーは、旅行が好きな人におすすめです。毎日観光スポットに行けるので、旅行や観光好きなら楽しみながら仕事ができるでしょう。また、乗客から感謝されることが多く、人に感謝されることにやりがいを見出す人にぴったりな仕事です。高速バスのドライバーは、体力がある人に向いている仕事です。高速バスの仕事は勤務時間が長く、夜間にも走行しなければいけません。不規則な生活に抵抗がないという方におすすめです。

ドライバーの募集とは、車の運転ができる(普段の生活で車の運転になれている、ドライバーとして働いたことのある)人の募集になります。

© Copyright Different Types Of Drivers All rights reserved