トラックドライバーはどんな仕事?

基本は荷物を指定された場所に届けること

トラックドライバーの主な仕事は、依頼を受けた荷物を指定された場所まで配送・運搬することです。荷物の種類は依頼した業者などによって異なりますし、配送する先やエリアも異なります。依頼内容によってどの程度の距離を走るのかが異なっているため、場合によっては同じエリア内であったり県をまたいだ長距離移動になることも少なくありません。

ただ指定された場所に荷物を届けた後もそこから荷物を受け取って別のエリアに届けなければいけないということもあるようで、往復で荷物の配送や運搬をすることもあります。このため関連した仕事内容として挙げられているのが、荷物の管理と積み下ろしです。届けている最中はトラックに積まれた荷物はドライバーが管理しなければならず、積み下ろしも基本的にはドライバーが行います。

安全運転もトラックドライバーの重要な仕事

ほかにもトラックドライバーの仕事として重要視されているのが、安全運転です。トラックドライバーは荷物を積んでトラックを指定された場所まで移動させる必要があり、トラックの運転が基本業務となります。

場合によっては高速道路を移動することもありますし、渋滞など交通事情に左右されることも少なくありません。その中でも指定された場所まで確実に荷物を届けるためには安全な運転を心がけることが必要とされており、大型トラックになると高い運転技術が求められることも多いとされています。

また早朝や深夜など時間帯に関係なく仕事をしなければならず、車中泊をすることも珍しくないことから、より安全運転が重要な業務として挙げられているのです。

宅配便や長距離運送、バス、タクシーなど運転手の求人が都市部を中心に急増しています。日本人ばかりでなく外国人労働者も参入しています。

© Copyright Different Types Of Drivers All rights reserved