普通二種免許とは

どんな車を運転する際に必要?

ドライバーの求人情報をチェックする際に、普通二種免許のある人を優遇する企業があります。普通二種免許とは、どんなものでしょうか。また、一種免許とはどのように異なるのでしょうか。

タクシーやハイヤー、バスなど「お客様を運ぶための車」を運転する際に必要となる免許が、普通二種免許です。運転できる車両は総重量が3.5トン未満、最大積載量が2トン未満、乗車定員が10人以下となっています。バスやタクシーだけでなく、ハイヤー、介護タクシー、運転代行などの商用車を運転する場合、一種免許ではなく、二種免許を取得することが必要となります。

ただし旅館などでお客様を無料で送迎するサービスを行っている場合、普通二種免許は必要ありません。

とるために必要な条件

普通二種免許を取得するためには、二種用の学科試験及び技能試験を受けなければなりません。一種を受けた時とは異なる学科、実技となるため、教習所に通って取得する人も多いです。

取得できるのは満21歳以上で、大型・中型・普通一種免許、大型特殊免許のどれかを取得して3年以上経過している人です。また、視力が両眼で0.8以上、片目で0.5以上あることが必要となります。メガネやコンタクトレンズを利用しても構いません。交通信号の色を識別できる能力も必要なので、自分の色彩識別能力がわからない場合は事前に眼科で調べましょう。

聴力については、補聴器を使用せず10メートルの距離で90デシベル聞き取れる能力を必要としています。 普通二種免許を持っていなくても、入社してからとらせてくれる企業もあるため、募集情報をよく確認して応募するといいでしょう。

運転業の求人の探し方は、その会社のホームページをチェックするという方法があります。採用情報のところに、求人に関する内容が記載されている場合があります。

© Copyright Different Types Of Drivers All rights reserved