大型一種免許とは

大型一種免許で運転できる車両とは

大型一種免許とは、自動車の運転に必要な免許の種類の一つです。大型一種免許を取得すると、乗車定員30名以上で最大積載量6.5トン以上の車を運転できるようになります。具体的には、トラックやダンプカー等の車両です。他にも大型バスの運転も可能になるので、取得していると選べる職業の幅が広がるでしょう。

バスやトラックの運転手は、需要が尽きる事はないと考えられますので、非常に心強い資格です。ただし、大型一種免許の場合、運賃を貰って人を運ぶという事はできないので、路線バス等の運転手を目指している人は大型二種免許の取得を目指しましょう。大型一種免許でも大型バスを運転することは可能ですが、基本的には物質を運ぶ目的の仕事が主となります。

大型一種免許の取得条件とは

大型一種免許は、すぐに誰にでも取得できる免許ではありません。取得するためには様々な条件があるので、取得する際には必ずチェックしておいてください。

まず必ずチェックしておきたいのが年齢です。普通免許は18歳以上で取得可能ですが、大型一種免許は21歳以上となっています。そして、中型免許もしくは、大型特殊免許を所有しており3年以上運転の経験がある人でなければいけません。つまり、18歳で普通免許を取ったとして、その翌年に大型一種免許を取得したいと思っても不可能になる訳です。

また、自動車の運転に支障をきたす障がいを有していない事や、視力と聴力にも一定の基準が設けられています。これらをクリアしたうえで、大型一種免許は取得可能となる訳です。

感染症拡大に伴い、来客数が減少した飲食店がテイクアウトを導入するケースが増えています。しかし、従来の飲食店にはドライバーを雇用していないため、ドライバーの転職先として注目を浴びています

© Copyright Different Types Of Drivers All rights reserved